動画マーケティングとは?メリット・手法を徹底解説

執筆者 | ブログ

今回は「動画マーケティング」について、メリットや手法を踏まえて解説していきます。スマートフォンの普及やSNSの流行により、動画を使って広告宣伝する企業や個人が増えています。動画マーケティングを利用している企業は全体の60%を超え、今後も増え続けると予測されています。しかし何から始めればいいのか、どうやって学べばいいのか迷ってしまう方も多いと思います。この記事では動画マーケティングを分かりやすく説明します。

 

 

この記事では「動画マーケティング」について、実際の事例を用いながら説明していきます。読んだ後には、動画マーケティングがどんなものなのか、きっと理解できていると思いますので、是非最後まで読んでみてください。

動画マーケティングの3つのポイントとは

動画マーケティングとは,ファネルデザイン

動画マーケティングには3つのポイントがあります。

  • ポイント#1.動画を使って認知・教育・販売をする
  • ポイント#2.伝達量が高い動画をマーケティングに利用する
  • ポイント#3.戦略的に購入意欲を促す

認知・教育・販売とは、あなたの商品を知り、どんな商品なのかを理解し、最終的に欲しいなと思って買ってくれる過程を表しています。その中で認知はお客様が商品を知る段階を、教育はあなたの商品が欲しいなという気持ちになる段階を、販売はそのとおり商品を買ってくれる段階をそれぞれ指しています。

動画マーケティングとは,ファネルデザイン

例えばマクドナルドの場合、テレビCMを流すことでマクドナルドのハンバーガーを多くの人に認知してもらえます。その後、街中を歩いていてお店を見ると、記憶の中からマクドナルドのハンバーガーやテレビCMを思い出して食べてみたいなと感じるかも知れません。もしその時に購入しなくても、こうした経験を何回か繰り返すうちに次第に心が動いていくと思います。この部分が教育になります。

そうしてお客様が買おうとお店を訪れた時に販売するというように、認知・教育・販売の流れが全て通っていることが分かると思います。何か商品を思い浮かべて、この過程に当てはめて考えてみると分かりやすいかと思います。こうした認知・教育・販売の流れを動画を用いて取り組むことでビジネスがより効果的になるということです。

事前に目的を定めてから動画を作ることが重要

動画マーケティングとは,ファネルデザイン

認知・教育・販売の流れは理解していただいたと思いますが、動画を用いてこれを実現するためのコツは、認知・教育・販売のどのパートを作成するか考えてからやるのが良いということです。

次の「動画マーケティング」のポイントは、伝達量が高い動画をマーケティングに利用するということですが、これもマクドナルドのテレビCMに表れています。CMという動画には、文章だけでは伝えられない商品の魅力や情報が、映像や音楽によって表現されています。文章だけが悪いわけではありませんが、伝達量がとても高い動画をマーケティングに使うことであなたの商品をより魅力的に宣伝でき、販売促進が期待できます。

既にウケている動画を真似することも大事な戦略

動画マーケティングとは,ファネルデザイン

これから実際に動画を作っていく上で、戦略的に購入意欲を促すことも大事なポイントです。どんな動画が市場でウケているのか、その動画でどんな反響が出ているのか、市場をチェックしてみてウケている動画のパターンを真似してみることもマーケティングの大事な部分になります。

動画を撮影する前に、あなたの商品をどんなお客様に見てもらいたいか考えてみることで、同じようなターゲットの商品は、どんな動画を出しているのかチェックすることも戦略的に購入意欲を促す上で大事なことです。

戦略が定まっていなかったり、目的が間違っていたりすると、意図していないお客様を引きつけてしまい、クレームや返金・返品対応に追われることになってしまいます。これはお客様が悪いのではなく、あなたの伝えたいことが的確に伝わってないことに原因がある場合もあります。

あなたの商品の価値や魅力を的確に伝えるために、どんな視聴者に見てもらいたいのか、見てもらった後にどう思って欲しいのか、そこも考えることが動画を撮影する上で非常に良いポイントになります。

今回の内容はここまでになります。最後までご覧いただき、有難うございます。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。