2-4 チャレンジローンチの最適な期間のコツを紹介!

執筆者 | チャレンジローンチ

今回は、チャレンジローンチの最適な期間について紹介します。
チャレンジローンチの期間として決められている3日や5日、7日、21日。
これらの日程は、非常に考え抜かれた結果の期間なのです。

この記事では、

  1. 日程の意味と重要性
  2. チャレンジローンチの海外での事例パターン
  3. チャレンジローンチの日本で人気のパターンを初回

上記の3つに絞りそれぞれ解説していきたいと思います。

チャレンジローンチをよく知らない人でも分かりやすいように、細かくポイントを書いたり、実際の事例を載せているので深く理解頂けると思います。
チャレンジローンチを開催するときにこの記事を是非、参考にしてみてくださいね。

【経験談】チャレンジローンチの期間の決め方の重要性

チャレンジローンチのやり方,ローンチ,販売方法,オンラインビジネス,funnel design,clickfunnels,クリックファネル,海外マーケティング,チャレンジローンチの期間

ここでは、チャレンジローンチの期間の決め方の重要性についてお話しします。

この記事を読んでいる人は

「チャレンジローンチの期間は長くても良いの?」

「チャレンジローンチの期間はどうやって決めるの?」

こんなことが気になっているでしょう。

 

チャレンジローンチの日程の定番は、7日、14日ですよね。

しかし、期間の決め方はテーマによって異なり正しい日程の決め方があります。
これは、私がチャレンジローンチとして「ツールの使い方を7日でマスターする」に挑戦して少し失敗に終わった経験談から分かります。

 

上でも述べましたが、私はツールの使い方を7日間でマスターする講座をしましたが、チャレンジローンチの期間の決め方に失敗したんです。

目標の「ツールの使い方を7日でマスターする」には辿り着かず、お客様が理解する事ができず終わりました。

 

この講座は、お客様がツールの使い方を理解するという講座だったので7日では少し難しかったのです。

そこで、私は同じ講座を7日から14日に変えました。

また、7日の時は課題を1日で取り組まなければいけなくてとても大変だったようなので、2日で1つの課題に取り組めるようにしましたし、フォローもしました。

その結果、1回目よりはるかに理解度は進み、チャレンジローンチを成功することができた感じです。

 

これとは逆に、先ほどお伝えしたツールマスター講座を1週間に1課題、7週間連続講座だとどうですか?これだと2ヶ月間にわたる講座です。
お客様に逆に余裕をいっぱい持たせてしまうと、違う作業に気持ちが移ったり、講座自体を忘れてしまうなんてことも起きてしまいます。

 

以前も言いましたが、チャレンジローンチとは、短期間集中講座で短期であなたとの関係性をとても密にして関係性を築くという意味合いもありますよね。
そのため、余裕を与えすぎてもあなたとの関わる時間が少なくなってしまうので絶対に注意しましょう。

 

このように、チャレンジローンチでは以下のことが大切です。

  • テーマによって期間を変える
  • お客様のステップを考える

お客様にとってどのくらいの期間がちょっとだけ背伸びして1個ずつ課題を達成できるのか

を考えましょう。

 

【海外】チャレンジローンチの期間の事例を紹介!

チャレンジローンチのやり方,ローンチ,販売方法,オンラインビジネス,funnel design,clickfunnels,クリックファネル,海外マーケティング,チャレンジローンチの期間

ここでは、海外でのチャレンジローンチの期間の決め方の事例を紹介します。

  1. 「Page Joon」のビデオチャレンジ
  2. 「ClickFunnels」のOne Funnel Awayというチャレンジ
  3. アルコールマーカーでのカラーリングチャレンジ
  4. オンラインで T シャツを作って販売しちゃおう

上記の4つに絞りそれぞれ解説していきますね。

 

初めに紹介するのは 「Page Joon」のビデオチャレンジです。

チャレンジローンチのやり方,ローンチ,販売方法,オンラインビジネス,funnel design,clickfunnels,クリックファネル,海外マーケティング,チャレンジローンチの期間

これは21日間で実施されていて少し長いと感じませんか?

私もちょっと長いなと思いました。

ただ、これには立派な2つの理由があります。

・無関心なお客様を熱狂的になるまでの計画が21日間に含まれている

・人の習慣化させるのに21日かかるため

 

実際、私もしっかり習慣付けて、参加した時だけでなくその先の財産になるといいなと思って作っておりましたので、参加者の声も、大変だったけど習慣化できました!とか本当にお客様が毎回ファンになってくれて、毎回聞きに来てくれるファンができましたとか、こんな感じで嬉しいお声を頂きました。

また、セールスファネルというのを30日間で作り上げる「ClickFunnels」のOne Funnel Awayというチャレンジは14日間でした。

チャレンジローンチのやり方,ローンチ,販売方法,オンラインビジネス,funnel design,clickfunnels,クリックファネル,海外マーケティング,チャレンジローンチの期間

そして、アルコールマーカーという絵を書いていくようなチャレンジが14日間でしたね。

チャレンジローンチのやり方,ローンチ,販売方法,オンラインビジネス,funnel design,clickfunnels,クリックファネル,海外マーケティング,チャレンジローンチの期間

この他にも、オンラインでTシャツを作って販売するチャレンジが21日間行われています。

このように、長期間チャレンジローンチを実施するのが海外では主流かもしれません。

【日本】チャレンジローンチの期間の事例を紹介!

チャレンジローンチのやり方,ローンチ,販売方法,オンラインビジネス,funnel design,clickfunnels,クリックファネル,海外マーケティング,チャレンジローンチの期間

先ほどは、海外で行われているチャレンジローンの事例を紹介しました。
海外では、30日間や21日間など長期的に実施するチャレンジローンチが主流でしたね。

では、日本ではどの期間のチャレンジローンチが多いのでしょうか。
それをここでは見ていきましょう。

 

日本でも2週間のフォトプレナーチャレンジ、カメラマンさん向けの集客講座、フォトプレナーチャレンジというものもあります。これは、カメラマンがInstagramを育てるチャレンジです。

日本でも、長期間で行うチャレンジローンチがあるんですね。

 

また、日本だけかもしれませんが、チャレンジをアレンジして3日間とか5日間とか、先程私は7日間ぐらいからと言いましたが、こんな感じにもっと短くアレンジしたチャレンジローンチもあります。

最近ではTikTokが人気なのでサックっとって言うパターンが流行っているので3日間や5日間でも良いのかも知れませんね。

 

しかし、海外の定番のチャレンジローンチが14日間〜21日間を推奨しているように、あまり短い期間だと主催するあなたとお客様との時間が短くなってしまうことを忘れないようにしましょう。

 

結局、チャレンジローンチのおすすめの期間は?

チャレンジローンチのやり方,ローンチ,販売方法,オンラインビジネス,funnel design,clickfunnels,クリックファネル,海外マーケティング,チャレンジローンチの期間

今までチャレンジローンチの期間の決め方の重要性やその海外や日本での事例を解説していきました。

 

しかし、「結局、チャレンジローンチに最適な期間は何?」という方も多いはず。

私自身の個人的な意見としては14日間ぐらいはしっかり実施させて、お客様に時間を使ってお客様の問題を解決して関係性をもっとあげることが良いと考えています。

とは言っても、先ほど伝えたようにテーマによって期間は異なるので今回の記事を参考にしてチャレンジローンチの最適な期間を考えてみてくださいね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。