1-7 リードマグネット初心者が必ずつまずく3つのポイント

執筆者 | リードマグネット

この記事では、リードマグネット作成に挑戦する初心者がつまづきやすいポイントとつまづかない為の回避方法を3つ解説していきます。

  • 「考えが行き詰まったら真似をしてみる」
  • 「とりあえず作ってみる」
  • 「プロのリードマグネットと比べない」

これらのつまづきポイントを一つ一つしっかりと解説していきますので、この記事を読むことでつまづかずスムーズなリードマグネット作成ができるようになります。

リードマグネットの作り方,オンラインビジネス,販売方法,特典,funnel design,clickfunnels,クリックファネル,海外マーケティング,lead magnet,ファネルデザイン,リードマグネットでつまづくポイント

今回はリードマグネット初心者がつまづかないための方法を解説します。みなさんリードマグネットを作る上でつまづいてる暇なんてありませんよね。ですが、私はつまづいてしまって全く前に進めないという初心者の方を今まで何人か見てきました。ですから、皆さんの時間を無駄にしないためにもつまづかないための方法を、「考えが行き詰まったら真似をしてみる」

「とりあえず作ってみる」「プロのリードマグネットと比べない」の3つのポイントにまとめました。

考えが行き詰まったら真似をしてみる

リードマグネットの作り方,オンラインビジネス,販売方法,特典,funnel design,clickfunnels,クリックファネル,海外マーケティング,lead magnet,ファネルデザイン,リードマグネットでつまづくポイント

まず皆さんはリードマグネットについてプロフェッショナルと自分自身を語れる自信と博識はお持ちですか?おそらくこの記事をお読みの方にはそのような方は少ないと思います。自信がないということはどういうことなのか?皆さんの頭の中だけでは知識も技術も足りていないと実感しているということです。

つまり皆さんの頭の中だけで考えても足りないものが多すぎるんです。この現象は特に初心者に起こるのですが、私もそうでした。ですがいくら思考しても元が足りていないのでやはり答えが出ないんです。こういった場合には自分の頭で考えないということが大変重要になってきます。

皆さんは「モデリングする」という言葉をご存知でしょうか?簡単な言葉に直すとつまるところ「真似」です。人、特に初心者の方は真似から入っていくことで上達スピードも上がります。実は人というのは目標を明確にイメージすることができれば、自然に行うこともできるようになる傾向があるのですが、逆も然り。自分の頭で考えようとした結果、イメージが浮かばず前に進めないといったことにもなりかねません。

さらに自分の頭から捻り出そうとするものの出せずにその結果辞めてしまう。このようになってしまうとそれこそ時間がもったいないですよね。ですから自分の頭でひねるだそうとはせずに人のものを見て真似をしたりするといったことを意識する。これが遠回りしないポイントになります。

とりあえず作ってみる

リードマグネットの作り方,オンラインビジネス,販売方法,特典,funnel design,clickfunnels,クリックファネル,海外マーケティング,lead magnet,ファネルデザイン,リードマグネットでつまづくポイント

初心者の皆さんによくあるのが、やる前に自分で自己評価を行なってしまい、ああなんじゃないか?こうなんじゃないか?といった自己対話を始めてしまって全く話が前に進まない。といった方です。このような場合はとにかく考えるよりもやってから考えるのがいいと思います。

もう一つ、この場合は自己分析を行わないというのも手です。というのも人というのは自分には少し厳しめになってしまう方というのが一定数いらっしゃるからです。

なので自分で評価してしまうと「こんなにできてない」「こんなリードマグネットじゃだめだ」と自分にダメ出しをしてしまいます。ですから作る以前からこのように悩んでしまうと、全く前に進むことができないという状態になってしまいます。

ですが安心してください。あなたがもし万が一あまりいいリードマグネットが作れなかったとしても、全く問題ないですから。

その理由はリードマグネットというのは「受け取りたい人」しか受け取らないからです。人々は非常に賢明です。あなたが提示しているリードマグネットを本当に欲しいといった方以外は個人情報を提供してくれません。逆の言い方をすれば、あなたのリードマグネットを受け取るのは本当にそれを欲している人だということです。

ですからあなたの作ったリードマグネットがもしもできが悪かったとしても、受けとってもらえないだけです。なので受け取ってもらえたらいいな!という考え方でリードマグネットをどんどん作成する方が、賢明な判断です。作成をつづけることで腕も上がりますしね。

つまり「やらないよりやってから考える」といのは作る前から色々考えたりリサーチし続けていても何も前には進まないので、とにかく手を動かして一つでもいいから作ってみる。すると実物を見ることでより良い改善案などが見えてきます。

なのでぜひやらないぐらいならやってから考える!ぐらいの意識を持ってください。

プロのリードマグネットと比べない

リードマグネットの作り方,オンラインビジネス,販売方法,特典,funnel design,clickfunnels,クリックファネル,海外マーケティング,lead magnet,ファネルデザイン,リードマグネットでつまづくポイント

失敗しないための最後のポイントは「プロと比較しない」ことです。実はプロと比べてモチベーションを失ってしまう初心者さんが一定数いるんです。というのも私がみてもプロの方が作成したリードマグネットは輝いてみえてしまいます。これ自体は当たり前なんです。ではなぜ初心者がプロを意識してしまうのでしょう?それは「プロのレベルが当たり前」と思っているからです。

でも実際は当たり前なんてありません。なので皆さんがリードマグネットを作成する際にはぜひ、プロや他の方ではなくて昨日の自分と比べていただきたいんです。もちろん昨日作ったリードマグネットでも大丈夫です。「昨日作ったリードマグネットはここがイマイチだったけど、今日のは良い感じだ!」このように考えることで、リードマグネットを作ることが楽しくなってきます。手が止まらないというのが理想です。ぜひ楽しんでください!。

ここまでリードマグネット初心者が必ずつまづくポイントをご紹介しましたが、どうでしょう?

スムーズに作成できそうですか?まだ少し不安が残っているかもしれませんが、2章でもお伝えした通りとにかく作ってみるのも一つの手ですのでぜひ挑戦してみてください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。