2-5 リードマグネットに取り組むべき内容とは?

執筆者 | リードマグネット

今回の記事では、リードマグネットに取り組むべき内容についてのお話になります。リードマグネットには3つの取り組むべきポイントがあるのです。その3つのポイントというのは、「小さな変化を意識する」「ひらめきを与える」「新たな発見をしてもらう」ということになります。この記事で学ぶことによって、リードマグネットの取り組むべき内容について理解することができます。

この記事では、リードマグネットに取り組むべき内容は何なのか、どう考えればいいのかを学びます。先ほどの3つのポイントを意識して取り組むべき内容を理解することで、正確なリードマグネットを作ることができるのです。より正しいリードマグネットになるように、取り組むべき内容を詳しくお伝えしていきます。

リードマグネットに取り組むべき内容の3つのポイントとは

リードマグネットの作り方,オンラインビジネス,販売方法,特典,funnel design,clickfunnels,クリックファネル,海外マーケティング,lead magnet,ファネルデザイン,リードマグネットで取り組む内容解説

先ほども前述しましたが、リードマグネットに取り組むべき内容が3つあります。

  • ポイント#1.小さな変化を意識する
  • ポイント#2.ひらめきを与える
  • ポイント#3.新たな発見をしてもらう

上記の3つのポイントを1つずつ詳しく解説していきます。

①小さな変化を意識する

リードマグネットの作り方,オンラインビジネス,販売方法,特典,funnel design,clickfunnels,クリックファネル,海外マーケティング,lead magnet,ファネルデザイン,リードマグネットで取り組む内容解説

これは必ずしも書類だけを作ればいいというわけではありません。お客様というのは、少しの変化を感じた時に「あなたについていけば」という意識になります。要するに、例えばリードマグネットを読んだとして、「なるほど。こうやればいいのか。進めるぞ」という感覚になるということです。お客様がその気持ちになれば、次のステップに進めるでしょう。

さらに、「わかった!理解できた!」となればお客様の感情が動きます。学んだだけだと深く理解ができなく、感情までは動きません。ですが、「ずっと悩んでいたことがこうやればいいのか!」というように理解してもらうと、もっと話を聞きたいという感情になるのです。実際に取り組めたという実感も湧きますね。

人というのは、情報よりも感情や経験の方が大切になります。

  • 気持ちが動いた
  • 実際に取り組めた実感ができた

進んでいるという感覚も当てはまりますが、上記のように自分自身で感じてもらうということです。この変化を意識することがかなり重要になります。

ご自身のリードマグネットで、お客様に小さな変化を与えられるようなものはできないのか考えていただくと良いですね。

②ひらめきを与える

リードマグネットの作り方,オンラインビジネス,販売方法,特典,funnel design,clickfunnels,クリックファネル,海外マーケティング,lead magnet,ファネルデザイン,リードマグネットで取り組む内容解説

この「ひらめきを与える」というのは、リードマグネットの内容としてかなり良いものになります。どんなものをリードマグネットでお伝えしたらいいのかわからないという方もいるかと思います。例えばですが、家で5万円を稼ぎたい人が知らない方法で5万円稼ぐ方法を知った時に、このひらめきが生まれるということです。

お客様がまだ気づいていないことを「こういう方法もあるよ」と、教えるのもひらめきが生まれるということになります。なので、お客様が知らないことを教えるというリードマグネットも良いですね。

③新たな方法を提案する

リードマグネットの作り方,オンラインビジネス,販売方法,特典,funnel design,clickfunnels,クリックファネル,海外マーケティング,lead magnet,ファネルデザイン,リードマグネットで取り組む内容解説

この新たな方法を提案をするということについてですが、相手に「なるほど!」と思ってもらう事例を紹介しましょう。

例えばですが、「家で5万円を稼ぎたい人」を例にします。ポイ活サイトでコツコツ毎日アンケートに答えたら、1万円貰えた実績や実体験などを紹介しましょう。このように誰かがやっているから、自分にもできると思わせるということです。そこでお客様自身がひらめいて、「なるほど!」というようになります。

こういったリードマグネットも非常に価値のあるものになりえます。そして新たな発見をお客様自身にしてもらうのです。知らないことを知ってもらうというのは、とても素晴らしい体験になります。

あなたが「これはお客様でも知ってるだろうな」と思うことでも、実際はお客様は気づきません。

  • 全く知らない
  • 予想もしていない

上記のようなこともよくあります。自分自身が当たり前に思っていることでも、全く知らない人からすれば、それはとても価値のある情報の宝です。

  • 「家でこんなに稼げるなんて全く知らなかった。」
  • 「赤ちゃんを抱っこして、隙間時間で1万円稼げるなんて思わなかった。」

上記のような方に「このサイトで、1万円貰えたよ」といった事例を教えるというのは、非常に価値あることです。

自分自身では、「そんな大したことない」と思うかもしれませんが、お客様の気づいていない、知らない、予想もしていないということも、ちゃんと立派なリードマグネットになることをお分かりいただけたらと思います。

まとめ

以上で、リードマグネットに盛り込むべき内容について解説していきました。今回の記事を読み進んでいた中で、あなた自身で「じゃあこれはどうだろうか?」とひらめいたことはありますしたか。もしあるのならば、ぜひメモなどに残してご活用ください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。