2-4 リードマグネットで集客率を上げる方法

執筆者 | リードマグネット

今回は、リードマグネットのポジショニングについてお話します。リードマグネットはあなたの情報や専門性をアピールするとても重要な役割です。お客様にとって価値のある商品であるという事を裏付けられます。注意深くリードマグネットを設定する事で、あなたに優位な集客率を上げる事が可能です。また、リードマグネットでのポジショニングは決して間違えてはいけません。今回の記事では、リードマグネットの作り方、またポジショニングの設定を紹介します。お客様の需要につながるリードマグネットを作り、確実な利益と信頼を勝ち取ることが可能です。

この記事では、「リードマグネット」を理解する事で、あなたの商品のポジショニングやあなた自身の信頼を勝ち取る設定を学べます。通常のリードマグネットにポジショニングを意識する事で、あなたの特化した分野の需要と供給が効率よく実行可能です。また、ポジショニングについての注意点も簡単に、分かりやすく説明していきます。

集客率が上がるリードマグネットを作るために必要な3つのポイント

リードマグネットの作り方,オンラインビジネス,販売方法,特典,funnel design,clickfunnels,クリックファネル,海外マーケティング,lead magnet,ファネルデザイン,リードマグネットを作る目的,解説

リードマグネットのポジショニングをおさえ、理解したうえで設定を組み込みましょう。ポジショニングを組み込むには3つのポイントをチェックする必要があります。

リードマグネットにポジショニングを組み込む際、以下の3つを意識してください。

  • ポイント#1. リードマグネットに盛り込むあなたの専門性
  • ポイント#2. リードマグネットに発行元は必ず書く
  • ポイント#3 .リードマグネットで「もっと聞きたい!」と思ってもらうためには

この後詳しく説明していきます。

ポイント#1. リードマグネットに盛り込むあなたの専門性

リードマグネットの作り方,オンラインビジネス,販売方法,特典,funnel design,clickfunnels,クリックファネル,海外マーケティング,lead magnet,ファネルデザイン,リードマグネットを作る目的,解説

リードマグネットで重要なポイント1つ目は、あなたの専門性を盛り込む事です。これは忘れがちなので、特に注意してください。お客様があなたの商品を購入する際、リードマグネットにあなたの連絡先が書かれていないととても困ります。

  • メールフォームに記載されている発信元を見逃した!
  • これって誰から受け取ったんだっけ?
  • どういった人から購入したか知りたいけれど、思い出せない

上記の様に「後から見ると、サイトの名前自体覚えていない」という人はとても多いです。また、サイトの発信元が明確でないと、仮に商品を購入して下さって、また買いたいと思ってもサイトにたどり着けません。実際、私もこういった事例は多くありました。

メールフォーム1つだけではなく、きちんとお客様が目を通すスライドや資料にはあなたの専門性を明記しましょう。明記する事で、お客様からは以下のような声が出てきます。

  • あなたの専門性や身元が分かった!
  • 10日後でも、また商品が購入できた!
  • リードマグネットが親切な設計で安心して購入出来る

このように、あなたの専門性をきちんと出す事で、お客様は「あなたのサイト、あなたの商品」という認知が出来ます。認知をされるという事は、あなたの商品はあなただけのブランドになるという事ですね。専門性はきちんと明記する事が、忘れがちですが忘れてはならないポイントです。

私が講座の中でステップを踏みながら抑えている重要な個所は以下です。

  • 簡潔にリードマグネットでポジショニングをアピールする
  • 発信元を確かにし、盗用を防ぐ
  • 丁寧で親切な説明で、親しみやすさと信頼を一気に獲得する

たった3つのステップをおさえるだけで、一気に集客率が上がり良い販売サイトとして評価されます。

お客様があなたのサイトに訪問したとして、決してあなたの情報を忘れず、再訪問する形です。結果的に、あなたに対し信頼を感じた方々から愛され、リピーターになっていただける事に繋がる事もリードマグネットのポジショニングを意識する上でのメリットですね。

次に、ポイント#2のリードマグネットに発信元は必ず書く事について解説します。

ポイント#2, リードマグネットに発行元は必ず書く

リードマグネットの作り方,オンラインビジネス,販売方法,特典,funnel design,clickfunnels,クリックファネル,海外マーケティング,lead magnet,ファネルデザイン,リードマグネットを作る目的,解説

あなたはリードマグネットに、きちんと発信元を明記していますか?リードマグネットに発信元を明記するという事はとても重要なポイントです。あなたの専門性やブランドを保護する意味合いがあります。

  • 発信元は1か所だけに記載してしまう
  • 連絡先はURL、サイト名、簡単なHNだけを記載
  • 発信元を全てのスライドに記載しない

このように、リードマグネットに発信元を1か所や少ない箇所だけに記載した場合、とても困る事があります。

なぜなら発信元を書かないと、ポイント1と同じ事になりますが、あなたの物だという理解が得られません。リードマグネットはあなたの専門性や発信元を明確にするものです。また、発信元をきちんと明記しないという事は、最悪盗用される場合もあります。

今回の講座の中ではリードマグネットの正しい知識と、お客様が分かりやすくあなたの情報が理解出来る方法を紹介しています。お客様に「あなたは〇〇さん」、「〇〇系に長けた人物である」という信頼を設け、リピートしていただく事が最大の特徴です。

第三者のリードマグネットを読む際、あなたはどれほど時間をかけていましたか?

リードマグネットは基本的に情報を盛り込むアピールポイントですから、PDFにして1,000枚になる事もしばしばあるでしょう。また、第三者の商品を購入し、10日程経過した後に発信元が分からず、リピートしようとしても出来ない事は少なくないです。

次に、ポイント#3に繋がるリードマグネットで「もっと聞きたい!」と思ってもらうコツを説明します。

ポイント#3 リードマグネットで「もっと聞きたい!」と思ってもらうためには

リードマグネットの作り方,オンラインビジネス,販売方法,特典,funnel design,clickfunnels,クリックファネル,海外マーケティング,lead magnet,ファネルデザイン,リードマグネットを作る目的,解説

リードマグネットではお客様が「もっと聞きたい!」と思っていただくのがポイントです。しかし、お客様が知りたいこと全ての情報を記載すると膨大な量になってしまいます。

例えば、PDF1,000枚もの情報を記載してしまうと、お客様は「購入する必要はない」と判断します。文章が長すぎたりすると難解な説明に見えてしまうんですね。確かにリードマグネットではお客様が知りたい情報を盛り込むことが大事です。しかし、最初は

  • 分かりやすい!
  • 新しい情報も理解しやすい!
  • 1ポイントのコツだけで簡単にチャレンジできる!

簡潔に言うと、安心感やあなたの話をもっと聞きたいというイメージが重要なんです。

また、リードマグネットを受け取った人が、

  • もっと話を聞きたい!
  • 具体例の続きを手に入れたい!
  • 親しめるような人で、今後も関わりたい

このように、あなた自身への興味や親しみをお客様が感じる事が大事です。あなたと関わりたい、情報を取り入れたいと思っていただく事がポイントですね。情報を1つに絞る事で、「もっと聞きたい」という心理を促す事が可能です。

リードマグネットの情報は1つに絞る事で、分かりやすい説明だと感じられること、もっと話を聞いてみたいと感じられる事がリードマグネットでポジショニングを意識する理由です。リードマグネットで悩んでいるお客様が、「分かりやすかった!丁寧な説明で人柄にも好印象だ」と感じてくださる事、信頼を経て確実な集客率を上げていく事を段階にしています。安心して分かりやすい説明をしてくださる人は、その後の講座を受講する時も好印象ですよね。

まとめ

今回はリードマグネットの中にポジショニングを意識する事で集客率を上げる方法を解説しました。リードマグネットは長文ではなく、短文にする事が大事です。あなたの専門性を的確にアピールし、説明を容易にする事でお客様から信頼され、堅実に集客率を上げていきましょう。

貴重な時間を割き、最後まで読んで下さりありがとうございました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。