2-4 動画マーケティングの動画の長さはどれくらいが最適?

執筆者 | 動画マーケティング

YouTubeやTikTokなどが流行し、動画という存在が当たり前になった社会で、マーケティングにおいても動画は注目されています。動画を用いて自分たちのビジネスの販売促進を進めようとする人が多い中、多くの視聴者に動画を見てもらうには動画の長さは非常に大切です。そこで今回は動画マーケティングにおける動画の長さはどれくらいが最適なのかを紹介します。

この記事では、動画マーケティングにおける動画の長さについて紹介します。この記事を読んでいただくことで、自らのビジネスに最もあった動画の長さを見つけられるようになるかと思います。ぜひこの知識を活用して、多くの視聴者に見てもらえる動画を作って知ってほしいと思います。最後までご覧ください。

動画の長さは短い方がいいの?長い方がいいの?

動画マーケティング,ファネルデザイン,パソコン,マインド,funnel design

動画の長さについて大事なポイントが3つあります。

  • 動画は短い方がいい?長い方がいい?
  • 最近の日本の現状を知ろう
  • 迷った時はどうしたらいいのか?

詳しく説明します。

 

動画の長さについては本当によくいただく質問になりますが、イメージしやすいように3つのポイントに分けて説明します。1分の動画と5分から10分の動画、そして1時間の動画があった場合、それぞれどういう人が見るかというと、1分の動画というのはまだあなたのことを知らない人に興味を持ってもらうのに適している長さです。あなたのことを知らない人は、すごく長い動画を見ようとは思いません。

 

あなたのことを知らない人があなたの話を1時間も聴きたいでしょうか?あなたがよほど専門性を持っているなら別ですが、街頭でまったく知らない人を捕まえて、「ちょっと私の話を1時間聞いてください」と言っても、良いよと言ってくれる人はいないと思います。

 

5分から10分程度の動画ですが、最近Youtubeでよくあるのがこのくらいの動画だと思います。これくらいの動画というのは、あなたのことをすごく詳しく知らなくても、またちょっと知りたいと思ったことを知れるぐらいの適度な長さです。お互いにストレスを与えない長さなので、ノウハウとか情報を伝えるのに適してると思います。そして1時間の動画ですが、あなたのファンとかあなたの専門性のことを聞きたいとか、よほど悩みがあってそれを解決したいなど、それくらいあなたの話をじっくり聴きたい方に適した長さです。

 

このように一概に長いから駄目、短いから駄目というわけではないことを分かって頂けたでしょうか?なので最初のレッスンでお話ししたように、あなたの動画の目的によって最適な長さを選んで頂くのが良いと思います。

 

長い動画は見てもらえない!今の日本人に合う動画とは?

動画マーケティング,ファネルデザイン,パソコン,マインド,funnel design

最近の日本の現状を知ろうということですが、以前は自粛の影響やオンライン化が進んだことで家にいる時間が長くありました。なので1時間の動画だとしても、流し聞きで聞いてくれる方が多かったのですが、最近は皆さん本当に忙しくなってきています。そんな忙しい日本人の間で流行っているのがTiktokやYouTubeのショート動画というとても短い動画です。これらの動画は時間が無い中でもサクッと見られるので多くの人にうけています。

 

また短い動画が流行している背景には、インターネット環境の向上も挙げられます。動画がどこでもストレスがかからずに見られる状況に変わってきたので、忙しい日本人がすきま時間に動画で好きなことを学ぶということが今の日本人のスタイルとなっています。オンラインで時間を問わずに学習できる環境が今、こういう日本を映し出しているということになります。そして皆さん時間を無駄にしたくないという気持ちが強いので、内容の濃い動画がより好まれます。

 

以前は情報量が少ない1時間の動画でも見てもらえていました。それがビジネスにもなっていたり、薄い情報を長い動画で紹介することで関係性を築くというやり方がありましたが、今は皆さん忙しくて濃い情報が求められているので、Youtubeなどを見ていただくとわかると思いますが、10分程度で情報をたくさん盛り込んだ動画がよく見られています。

 

迷った時はどんな動画が見られているか周りを参考にしよう

動画マーケティング,ファネルデザイン,パソコン,マインド,funnel design

そんなわけで今は情報の価値が逆になくなってきているので、時間をかけるからには濃い情報を出さないと人が付いてきません。そこで迷った時はこの媒体を見てみようということを思い出してください。例えば、TikTokやYoutube、Udemy、WordPressに動画を貼り付けていらっしゃる方もいます。これらの媒体はそれぞれユーザーの好みが異なります。TikTokは1分ぐらいの動画、もうちょっと長い動画も上げられていますが、主にはサクッと次から次へ動画を見るというものになっています。

 

Youtubeは詳しい情報を求めて自ら検索する方が来るような媒体です。Udemyは長時間かけてしっかり学びたいという方が多い媒体です。WordPressにも多岐多様なお客様がいらっしゃいますが、このように媒体によってお客様の傾向が違うということが分かるのではないでしょうか?なのであなたがやってみようと思う媒体に目星を付けていただいて、あなたと同じようなことをしている人がどのような発信をしているか、どれくらいの長さなのか、またその内容など、その動画を見てみることでとても参考になることが多いと思います。

 

そこから自分にとってはこれくらいの長さがちょうどいいなという感覚が分かってきますので、ぜひ目と耳を動かしてチェックしてみていただきたいと思います。最後までご覧いただきありがとうございました。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。