1-5 動画マーケティングとは?メリットを徹底解説

執筆者 | 動画マーケティング

YoutubeやSNSが普及し、動画がいつでも見られることが当たり前の社会になってきた中で、マーケティングにおいても動画が注目されています。動画マーケティングを取り入れて、自分のビジネスの販売販促をさせたいと考える人は少なくないでしょう。動画を上手く活用するには、その特徴を理解しておくことが重要です。そこで、なぜ多くの企業や個人は動画を使ってマーケティングを行っているのか、「動画マーケティング」のメリットを解説します。

この記事では、「動画マーケティング」のメリットを3つ紹介します。メリットが分かることで動画を作成する目的がはっきりしたり、間違えずに施策を実行できることに繋がります。「動画マーケティング」には欠かせない知識となっていますので、ぜひ最後までご覧ください。

メラビアンの法則を活用することで多くの情報を伝える

 

動画マーケティングのメリットは3つあります。

  • ポイント#1. 文章と動画の伝達量の違いは5000倍
  • ポイント#2. 記憶に残りやすい
  • ポイント#3. 効果を検証しやすい

詳しくは後で説明します。

ポイント#1. 文章と動画の伝達量の違いは5000倍

動画マーケティング,メラビアンの法則,ファネルデザイン

メラビアンの法則という言葉を聞いたことはありますか?ここでは動画の伝達量は文章の5000倍と言われています。例えば本やチラシ、ブログといった文章だけの言語情報がどれくらい読んだ人に伝わっているかというと、たった7%しかないと言われています。それに比べて耳から入ってくる聴覚情報が伝わる割合は37%と、言語情報に比べてかなり伝わりやすくなっていることが分かると思います。

では目から入ってきた視覚情報はどれくらい伝わるのでしょうか?視覚情報はなんと55%もの情報の伝達量があると言われています。動画というものは視覚と聴覚が一緒になるので、93%もの情報が伝達されることになります。なので文章だけの情報に比べて、動画は5000倍もの情報の伝達量があると言われているのです。これで動画がどれだけ情報を伝えるのに優れているかが分かって貰えたと思います。

ポイント#2. 記憶に残りやすい

動画マーケティング,メラビアンの法則,ファネルデザイン

動画マーケティングの2つ目のメリットは、動画は人の記憶に残りやすいというものです。文章のみだと見た人の想像力に依存してしまいますが、動画の場合、登場人物の雰囲気や、声や動きなどから様々な情報が入ってくることで、いろんな記憶が残ります。動画を使うことで人の頭にインプットされるというのは明確なのです。

 

ポイント#3. 動画は効果が検証しやすい

動画マーケティング,メラビアンの法則,ファネルデザイン

動画マーケティングの3つ目のメリットは、効果検証がしやすいところです。PDCAという言葉を聞いたことはありますか?4つはそれぞれ、Pは計画、Dは目標達成のための実行、Cはチェック、Aはアクションを意味しています。自分が作った動画を流してみて、その結果を確認しもっと良くするにはどうすれば良いかを考えて、また実施してみるといった一連の流れが大事になってきますが、動画の場合、こちらから与える情報量が多いため改善するべきポイントがいくつも出てきてもっと良いものを作っていけます。

このように動画マーケティングには様々なメリットがあることを分かっていただけたと思います。動画を用いることでもっとあなたのビジネスの効率を高めて行きましょう。最後までご覧いただきありがとうございました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。